熊本旅行 Part2

こんにちは!

ワールドツーリストの白浜です。

熊本旅行Part2です。

 

 

3日目

朝、太陽が見えていたことにテンションが上がります。

本日は、今回のメイン、ホーストレッキング!

山間を、馬に乗って移動します。訓練されている馬と言えど、手綱を引くのは自分。

気分は、暴れん坊将軍、いや、カウボーイか(笑)

準備をして、食事会場へ。朝食はアメリカンスタイル。これも本当においしい!

普段朝食は、少ししか食べないのに、完食しました。普段しないことをしたので

胃の調子が怖いけど、これは後悔しません!

食後、いよいよと高揚感一杯でフロントへ行くと、張り神が・・・

『雨天が続いた為、コースの悪状況により、ホーストレッキングは中止にします』

なんですと・・・ いやいや・・・て、え?

何度見ても変わりようのない文字。

やりたいという感情と、仕方がないという感情が綯交ぜになりながら、これが

仕事でなくて良かったと、冷静になっている自分にため息一つ・・・

とりあえず、今日の日程を決めようと部屋に戻りながら、ふと目についた文字、

乗馬の際、体重○○Kgまで ん、どうだったかな?もしかして引っかかった・・・かも・・・

大事なことを見落としていた自分に反省しつつ、悲しい現実に直視せずにすんだ

安堵感で、少し気分を持ち直しました。(情けない~)

予定を決めたころには、現金なもので、ホーストレッキングのことは次回を割り

きれるもんですね~。(それまでにダイエットを、と秘かに誓いを立てました)

せっかくなので、馬の餌やりを体験。目の前で飼葉をほうばる馬に圧倒されました。

 

 

天気も心も晴れ渡り、いざ出発!

 

 

急遽行き先を決めたので、観光雑誌で目についた場所へ向かいました。

まずは、山吹水源。隠れた名水として有名なようで、車を走らせましたが、

さすが、『隠れた』です。ナビがついているのに、迷う始末・・・

途中からナビや立て看板があるので、何とか進みましたが、細い一本道をひたすら

山に向かって走っていくのは、心細く、途中で引き返そうか何度も迷いました(笑)

やっとの思いで、駐車場に到着。こんな山奥なのに整備されているし、観光客も

多数。驚きました。駐車場から歩くこと10分。水源に到着。

原生林に囲まれた水源は、時間がとまったように静寂で美しい。

声を出すのも憚れるような世界に、圧倒されました。来てよかった!

 

 

続いては、行ってみたかった場所、鍋ヶ滝です。

阿蘇の大噴火のあと、長年の自然の力で作り上げた、幻想的な景観が楽しめる場所です。

到着すると、ここも結構な人。ゆっくりと滝のほうへ歩いていくと、ここ数日の雨の影響で

かなりの水量になった滝が出現。高さはそんなにないのに、迫力満点!

近づくだけで、びしょぬれです。ただ、ここの見どころは、水が落下するのを裏から見れる

滝、である為、関係なしに滝壺のほうへ。

ドドド~という爆音とかなりの水しぶきに圧倒されながら、裏側へ。

マイナスイオンをたっぷり浴びながら、川のせせらぎを聞くように、眺めることができる

と思っていましたが、水しぶきがすごく、目もあけることが難しい。自然ってすごい。

早々に退散しましたが、周りの景観も良く、もう一度来たいと思いました。

晴れが続いたあとで。

 

 

最後に、昨日スプーン曲げを体験したお店に紹介された食事場所へ。

さきに、ここを紹介されていましたが、定休日の為、今日行くことに。

お店の方も、強く進めていたので、かなり期待しちゃいます。

 

阿蘇内牧では、『赤牛丼』がかなり有名で、テレビでも何度も放送されています。

今回は、その元祖ともいうべきお店です。

ネットでは、土日は3時間待ち など書いているもの見ましたが、夏休みとはいえ

今日は平日。そこまでないだろうとタカをくくってました。

12時間前ごろ、お店の前に到着すると、人・人・人・・・

今回の旅行で初めての人の数に仰天。受付を済ませ言われた時間は、1時間30分待ち・・・

遅れる場合もあると念を押されながらも、頭の中は、赤牛丼!なので待つことに。

お店には待ち人の休憩室もあり、こういうことに慣れているんだなぁと少し安堵し、休憩室に

あったゲームなどで興じること、1時間・・・ さすがにイライラ。

仕事的に、あまり待たないことを考えているので、この時間がもったいないと感じていましたが

友人には、そんなそぶりもなく、平然と待っているし、楽しんでる感さえある。

この境地に行けるかな?と考えつつ、待つこと約2時間。やっと食事です。

皆さん、待つだけのことがあります。本当においしかった!お肉は柔らかいし、タレともよく

合って口の中でハーモニーを奏でます。待ち時間の鬱屈とした気持ちなど、吹き飛んじゃいました。

食べ終わって、一息ついたところで、一番大事なことを思い出しました。

帰りの新幹線の時間に間に合わない・・・

少し青ざめた後、まあいいか と思えたことは、少し成長したのでしょうか。

 

 

又振り出した雨の中、のんびり熊本駅まで帰りました。

(途中で道を間違えるハプニング付き)

今度は、どこいこうかな。